メニュー
東京都 新宿 内科の病院|新宿駅前クリニックなどの口コミ評判 > 【咳喘息】口コミ > 喘息の口コミ「もっと早めに受診しておけばよかった」

喘息の口コミ「もっと早めに受診しておけばよかった」

ゆこさん 40代 女性
★★★★

寝室の乾燥が原因だと思われますが、寝起きに喉が少し痛く、軽く咳が出始めたのが始まりでした。

別に熱が出るわけでもなく、だるくて動けないわけでもなく、「カゼの引き始めだから注意しよう」というレベルで過ごしていました。

そのまま様子を見ながら仕事もしていたのですが、喉の痛みはあまり変わりがないものの、咳は1週間経っても全く収まらず、どんどんひどくなっていきました。

そのうち咳をすると胸に響くようになり、また咳をすると胸が痛むようになり、受診しました。

診察は、近くの内科を受診しました。

新しくできた病院で、受付の方も先生もとても親切で好感が持て、特に先生は私の話をゆっくり聞いてくれたので、信頼して話をしたり聞いたりすることができました。

診察では、先生に「気管支が炎症を起こしている」「そのせいで胸に痛みを感じる」と説明され、気管支炎と診断されました。

咳がひどかったので、肺炎も疑って、念のためレントゲンもとって確認してくれました。

幸い肺炎にまではなっていませんでしたが、子どもが小さい頃、この流れで肺炎になり入院したことがあるので、本当にホッとしました。

お薬は、抗生物質と炎症を抑える薬が処方されました。

5日分ほどの処方でしたが、お薬が良く効いて楽になったので、もっと早めに受診しておけばよかったと思いました。

rittsuさん 40代 男性
★★★★★

会社からの異動命令で中部地方のある町に単身赴任で転勤しました。

転勤から1か月くらい過ぎたころから、やたらと咳き込むようになりました。

初めは気にも留めなかったのですが、なかなか咳が治らず、単身赴任となった環境の変化で身体が慣れていないせいかと思っていました。

しかしさらに1ヶ月経っても咳が止まらず、仕事にも集中力が続かないこともあったため、仕事が落ち着いて時期を見計らい、インターネットで調べた近所にある呼吸器内科に行きました。

個人の開業医の呼吸器内科でしたが、診断は気管支炎ということでした。

もともと気管支は丈夫なほうではないため、特に驚きはしなかったのですが、先生から意外のことを聞いてそちらのほうが驚きました。

転勤したこの町は、10万人程の人口で決して都会といえるようなところではありませんでしたが、実は全国有数の大気汚染都市であったとのことでした。

海沿いにある製鉄会社の工場から粉塵が大気中に含まれ公害となっているとのことでした。

思い起こせば、確かに秋に転勤してきましたが、そのとき少し乾燥しているなとは感じていましたが、公害となるような大気汚染や粉塵までは感じることはありませんでした。

おそらく、新しい環境でそこまで気にする余裕もなかったのかもしれませんが、体は正直で咳は止まることはありませんでした。

結局、定期的に処方箋をもらい続けましたが、咳は続くような状態でした。

2年後、その転勤先から異動となり、今は家族のもと自宅に戻り、特に普段から咳がでることはなく過ごしています。

top