メニュー
東京都 新宿 内科の病院|新宿駅前クリニックなどの口コミ評判 > 【咳喘息】口コミ > 咳喘息:原因もわかり、親切にしてもらえてよかった

咳喘息:原因もわかり、親切にしてもらえてよかった

なおみさん 30代 女性
★★★★★

最初に咳とのどの痛み、たん、鼻水の症状で病院を受診して、風邪のすべての症状に効果のある薬を処方され、5日程度その薬を飲んでいました。
のどの痛みはかなり少なくなり、鼻水も出なくなり、たんも適度にでて悪いものが外に出ていっている感じがしてかなり効果がありました。

しかし、咳だけが残り、受診前よりもひどくなりました。
咳で夜中に起きてしまうほどでした。また声がさらに出にくくなってきたので、病院を再度受診しました。

症状が良くなったものと悪くなったものを一つずつ説明したところ、まずはのどの様子を観察されました。
前よりは赤みがなくなっていると言われ、次は聴診器で胸の音をきかれました。
何度も息を大きく吸って、はいてと念入りにやっていたのでどうしたのかなと思ったところ、異音がして肺炎まではかかっていないけど、気管支炎ですねと言われました。
咳だけが残ってこうなる人が多いとも言われました。

咳を沈める薬と抗生物質、身体に貼って呼吸をしやすくするシールのようなものを処方されました。
薬の説明は薬局の人に任せてもいいところをしっかり医師が説明してくれましたし、病気の原因が分かりましたし、スタッフの方に優しく接してもらったのでとてもよかったです。

カロリーナさん 30代 女性
★★★★

仕事が忙しくて寒い日が続いていた時に、発熱と咳やのどの痛み、関節痛などの症状が現れたので風邪でもひいたのだと思っていました。
熱もさほど高熱ではなかったので会社を休んだりするほどでもないと思い、病院も受診せずに市販の風邪薬を服用してやり過ごしていました。
熱も平熱に戻ってのどの痛みや関節痛もなくなったのですが、咳や痰だけが一週間以上経ってもいっこうに収まらなかったので、ぜんそくになったのかと思い内科を受診することにしました。

受診時にはすでに発熱はなかったのですが、季節柄なのかまず粘膜からインフルエンザの検査をしました。
検査の結果インフルエンザでもなく、発熱もなく肺炎ではないこと、症状の経過を一通り伝えて咳や痰だけが続いていることから、気管支炎で症状は快方に向かっているとのことでした。

もう少し早く受診したほうが良かったことや、当時は喫煙習慣があったので喫煙者は気管支炎を発症しやすく慢性気管支炎になる可能性があることも指摘を受け、その時の咳や痰がとても辛かったため喫煙を辞めるきっかけにはなりました。
その時の治療としては治りかけなので抗生剤などの処方はなく痰を出すためのカルボシステイン500mg錠を処方されました。

top